2016年12月08日

U-9 U-10選手募集

2017年度より新たにU-9/U-10カテゴリーの選手コース設立に伴い、新加入選手セレクションを実施いたします。
http://football-ac.net/selection/index.html

低学年度よりスキル・技術の習得を推し進めていくことで、U-11/U-12年代での戦いにスムーズに移行していくことを目的とし、
Jリーグクラブのセレクションには落選したけれど上を目指したい、
選手として厳しい環境にチャレンジし真剣にレベルアップをしたい、
中学・高校年代に必要な技術・個人戦術のベースを高い意識で学びたい・・・
そんな選手・ご家族の受け皿となるクラブを目指しています。
是非チャレンジお待ちしております!
posted by fba at 12:56| フリーボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

U-9/U-10設立

■ドラゴンズ柏SC選手コース U-9/U-10設立について
ドラゴンズ柏SCでは2017年度より新たにU-9/U-10カテゴリーの選手コースを設立致します。
クラブ理念と技術・スキルの向上を低学年度より徹底して推し進めていくことで、
勝負 となるU-11/U-12年代での戦いにスムーズに移行していくことを目的とします。
入団に関しての情報は12月8日(木)にHPにてアップ致します。
http://football-ac.net/doragons/index.html
posted by fba at 12:45| フリーボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

状況判断

寒さもだんだん厳しくなってきましたね。
今日のタイトル、状況判断はサッカーですごく大切な要素です。
行動の予測、今攻撃に移るべきか、守るタイミングか
守っているからこそ判断は攻撃に移っておかなければいけなかったり、攻撃しているからこそボールを失った場合の準備をする。
どこにボールが移るかを予測し、相手の先手を取る。

1対1の駆け引きの中にも”相手を見る”ことは生まれ、強い相手と戦うときには必須のスキルとなります。
サッカーは複雑な要素を常に予測していく必要があるスポーツなんですね。

状況判断を習得させ続けていく為にはサッカーの練習中、ピッチの中だけでこなそうとしていくのは不可能で
普段の生活から磨きます。

これやったら母さんに怒られるなぁ、ここを周りを何も見ずに通ったらどうなるかなぁ
これやったらどうなるんだろう・・・
思慮深くというよりも、たくさん興味を抱くことがスタートなような気がします。

親御さんに言われてから行動に移すのか、自分から進んで行うのか。

小学生年代でも、試合のリズムや攻撃のスピードを止めることなくプレーできる選手がいますが
きっとそんな選手は、普段から”状況判断”を磨いているのだろうなーと
ピッチに立つ姿を見て思います。

サッカーのスキル習得のコツは、普段の生活の中にもいっぱい埋もれているのかもしれませんね(^^)




posted by fba at 20:22| フリーボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

トーマス・シャーフ

今回、ドイツの名将、トーマス・シャーフ氏の講習会に参加してきました。
彼はUEFAテクニカル・オブザーバー、ドイツの育成・強化の改革を中心的に行った人物で
ブンデスリーガのヴェルダー・ブレーメンや、フランクフルトで長谷部誠、乾貴士などを指導、
前回のユーロも分析のトップとして大会を総括されています。

ヨーロッパだけでなく世界トップレベルのサッカーに精通するシャーフ氏
『サッカー愛・情熱・哲学』がふんだんに盛り込まれた実技・講義を行ってくれました。

今回の僕の目的は勉強ではなく、一流の人間に触れること
貴重な一日でしたね(^^

講習内容やドイツの変革など多岐にわたるお話はまた別の機会に。
posted by fba at 13:12| フリーボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

2017年度 新加入選手セレクションのお知らせ

ドラゴンズ柏SC 2017年度 新加入選手セレクションのお知らせ

この度表題のとおり選手コースでは
2017年度新加入選手のセレクションを下記の通り実施いたします。
※体験のご参加はいつでも可能

ステージを一段高く設定してチャレンジしたい選手、レベルアップ希望の方はお早めにご応募下さい。

▽セレクション詳細
http://football-ac.net/selection/index.html

宜しくお願いします!
posted by fba at 19:59| フリーボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

将来性の見出し方

今夏は遠征、初めての静岡での主催大会、ライセンスや通常主催大会など・・・
8月中旬に家を出て8月末に戻るというスケジュールでした。
夏の主催大会の結果についてはまたこちらでお知らせ致します。

そろそろというか、夏を過ぎ来季のJリーグ契約選手も決まってきました。
昔話は良くないのは分かっていますが、流経柏所属時代、入学してきてずっと勇気づけてきた選手が
あるチームに決まりました。
本当に嬉しく思いますね。当時はサイズや利き足、ハートなど僕なりに感じている印象を伝えることで
様々な環境に耐えていって欲しい印象で。
素晴らしい努力の結果だと思います。

ただ、かたや 選手の才能を見出しきれず たらればを思うときもあります。
ジュニアの選手を見ていても感じますが、将来性を見出すのは本当に難しい。

あるコラムにもこんなことが書かれていました。
以下
------------------------------------------------------------------
みんな可能性はあるんだ。
スイッチオンのボタンは自分で苦労して、探して、自分で押すしかないことは言えるな。
これが難しいんだ。
あきらめないやつの何かがポーンってな(笑)
突き抜けたやつがな。

S学園の 元監督さん
------------------------------------------------------------------

僕が思うに 意志の力。
どうしてもやるべき理由がある人間というか・・・
やるべき理由や環境をプロセスから結果的に自分で作れた人間が
将来のし上がっていくと思います。
サッカーの世界でも。
posted by fba at 12:09| フリーボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

オリンピック

暑い日が続きます。
オリンピック日本代表も残念ながら予選リーグ敗退になりましたね。
初戦、緊張からか力を出せない
2試合目、ヤバいと感じてやっと本来の力が出せる
3試合目、きちっと結果に繋げる
が後の祭り
うちのチームにもある現象と全く同じ(笑)。
多分、自信の無さから来るんだろうなと思います。根本は。

でも最初からやれるならやればいいのにな(笑)。
と思うボヤキでした(^^)


posted by fba at 12:21| フリーボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

ポイントプレーヤー

ユーロ、熱い闘いが続いてますね、
外も大分暑くなってますが(笑)。

準決勝ドイツの敗退はマリオゴメス、ウェールズはラムジーの不在
逆にポルトガルはロナウド、フランスはグリーズマンが試合を決めるなど
各チームの替えのきかないポイントプレーヤーの健在、不在が結果に直結した形になりました。

ポイントプレーヤーの不在は、例えその選手が直接得点に関わらないような場合だったとしてもかなり大きな影響があると思っています。
相手の総合力を削ぎとっていくジャブでもあり、相手を疲弊させていく重要な要素。

特にナショナルチームにおける戦い、ユーロでもジュニア世代でも、いかにポイントプレーヤーを『ポイント』に出来るか。

勝敗の分かれ目は、そこで大きく決まっていくような気がします。

posted by fba at 17:49| フリーボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

レアルの選択

最近、トレーニングで感じてることや、少年サッカーの伸び率、CL決勝など書きたいことだらけなんですが(笑)

今日はCL決勝について。

毎年書いているので今年もすぐに書こうと思いましたが、ちょっと周りの様子を伺ってました。

今年はメディアもあまり騒ぎ立てない、巷でもいい反応がない決勝でしたね。
僕的にはああいうゲームを周りがどう反応するのか、どういう見方をするのかが
すごく興味があったのと、僕と同じ意見を出すジャーナリストはいるのか

が伺っていた理由でしたが(笑)
感想は・・・まわりがあまり面白くなかったという感想とは逆に
非常に面白い駆け引きの決勝だった。
という感じです(^^

表現はわかりにくいかもしれません。
確実に勝ちに行くために、あえて急いで勝とうともせず、負けようともしないことを選んだレアル。
普段通り強い気持ちを前面に打ち出して、自分の土俵で戦いたかったアトレティコ。

ゲームの内容を見る限り、レアルは中央突破を避け、サイドの核となる選手にボールを預け
のらりくらり相手のファールを誘い、強みのセットプレーで主導権を取ろうと伺う。
その駆け引きで、中央で奪ってカウンターを出していきたいアトレティコはそれがなかなかできない。
というかレアルがさせない(笑)

後半はお互いギアをあげこの二つの構図は少し薄れたところもありましたが
レアルは延長も見据えた中で戦っているように思えるほど僕の中では焦れた様子が見えなかった。
逆にアトレティコはやりたいことをさせてもらえず、やりづらいことをやらされ続けるという
普段とは違う土俵の中で、ふわふわしながら足場をうまく踏めずにいるような様子。

今年はアトレティコのサッカーが果たして頂点を取れるのかが僕の中の一番の興味でしたが
ゲームの流れを見たときに感じた、
『急いで勝とうともせず、負けようともしない戦い方を選択したレアル』の”余裕”が
まさにチャンピオンたるものだと(笑)。
前半でレアルの勝利を確信しました。

内容はスペクタルではないし、新しい戦術でピッチを表現する目新しさもない決勝。
そして周りがあまり騒ぎ立て、書きたがらない決勝。

僕にとってはだからこそ、CLの決勝の舞台の上で、いつでも自分たちの良さを出せる状況を持ちつつも、あえてそれを出さない時間を経過させていくレアルは最強であり、
両者の異なる局面に持ち込んだレアル監督の妙は
ジダンの場数を踏んだ多さから生まれ、彼がワールドカップ決勝の舞台で犯してしまった罪を、
指導者になり狡猾に自分のものにしているんだと思います。

このゲームの見方や感想は、あくまでも僕の主観。
たぶん、いろんな見方のある決勝だったと思います。

僕にとってはサッカーの心理戦がピッチ上に押し出されたという意味で、
最高に面白い決勝戦でしたね(^^


posted by fba at 00:39| フリーボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

another sky

先日、僕の大切な友人からブログの更新が不定期すぎると(笑)
お叱り?戒め?を受けました・・・(^^)
本当にありがたいことです。
これは感覚で更新しているので、申し訳ないんですが・・・
年度末や年度始めなど、いろいろとあるんです。僕も(笑)

さて、僕の好きなテレビ番組の一つに”アナザースカイ”という番組があります。
これは、ある人間のターニングポイントとなった”場所”にフォーカスして、その人の生き様を伝えるという番組です。
ずっと見ていくと共通しているのは、チャレンジしていくこと、必ずその人を見出して引き上げていく人がいること、が挙げられます。

僕自身も、そしてこのブログを見て頂いている皆さんも、仕事に追われれしまうとどうしても狭い世界というか・・・自分のコミュニティの中だけの人脈で話し込んでしまうこと、あると思います。
それじゃいけないと思いつつも見聞を広げる時間がなかなか取れなかったり。

この番組の良いところは、そんな”場所”や”人”をフォーカスすることで、
人としての生きていく『姿勢』をもう一度見直せるところ。

年齢や性別に関係なく、頑張ってる人は、本当に頑張ってる。
しかも純粋に。

自分に甘えてしまう時間があっても、流されてしまう時間があっても
選手が質を追求していくのと同様に僕自身も選手と向き合うだけでなく、自分を追求していきたいと思います。

そして自分の周りの方々に良い影響を発信できる。
そんな自分でいられるようにしたいですね(^^)





posted by fba at 23:52| フリーボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする